社員紹介

― 今までの経歴を教えて下さい

大学卒業後の10年ほど、汎用機によるスクラッチシステムの新規構築や運用保守に携わり、お客様は金融系が中心でした。
プログラミングから始め、設計、要件定義と行っていく中で、次第にお客様の要望を積極的に解決していくことにやりがいを感じられるようになっていきました。
そんな中、スクラッチシステムよりも広範囲な業務改善に携われるパッケージシステムの導入に参画する機会をいただき、今に至っています。

― 現在のお仕事内容は?

パッケージシステムの新規導入にあたり、要件定義から本稼働後のサポートまでを担当させていただくことがほとんどです。
現在の業務にシフトする以前に思い描いていた通り、担当させていただく業務が広範囲なため、お客様の業務担当やシステム担当の方、
あるいはお客様の外部契約先の方など、関わる方も広範囲です。そのような環境の中で業務を遂行していくと、
正直苦しい日々もあるのですが(笑)、後で振り返るとそのような時ほど業務知識、対人関係など、次の自分のために成長させていただけたと感じることが多いです。

― 心がけていることとは?

将来を見通したお客様の利益に繋がることを最優先に考えています。
お客様にとってシステム導入は手段であり、本稼働して初めてお客様の利益に繋がっていきます。
時には長い間お使いになってこられたシステムとの違いから、こちらのお伝えすることが中々ご理解いただけない場面もあります。
そんな時でも根気よく説明させていただき、最終的に納得していただけた時は、何物にも代えがたいものです。

― あなたにとってDiOとは?

今の会社に入ったきっかけは、スクラッチシステム構築に携わっている時でした。
同じプロジェクトにDiOの方がいらっしゃり、他の方と比較して意識が高く、何かにとらわれることなく自由な発想をされ、懐の深い方でした。
このような方が所属されている会社に興味を持ち、入社することとなりました。
入社してみて最初に感じたのは、やはり自由な雰囲気でした。仕事のことでもプライベートのことでも、
年齢にかかわらず言いたいことを言い合える関係性があり、当時の私は少なからず驚きました。
でもこの環境で言いたいことが言えるようになることで、仕事上でもどのような言い方をすれば良いかということが学べたと思っています。
また、どのような業務内容のプロジェクトに参画したいかという点について、自分の希望に叶うよう最大限配慮していただけることは感謝しています。
もちろん、その時の外的要因や自分自身のスキルも考慮要素となりますが、自分の希望に沿った業務に近ければ、モチベーションを保ちつつ、やりがいを持って仕事をすることが出来ています。